大腸がんは至る所に発症する恐れアリ|症状の進行を防ぐコツ

nurse

病気を治す

患者

都筑区にある内科が人気の理由は、やはり、病気をしっかりと治してくれることです。これからもただ単に病気を治すだけでなく、病気にならない体作りを推進するための病院としても発展し続けていくことでしょう。

Read

自覚症状が出にくいがん

医者

症状の特徴とは

がんは身体の至る所で発病する病気です。死亡率の高いがんはいくつかありますが、その中の1つに大腸がんがあります。大腸がんは、初期段階では自覚症状がほとんどないと言われています。症状としては、お腹が常に張っていて触るとしこりがある、下痢や便秘になりやすい、血便が出るなどが現れます。このような症状が長く続くようであれば、病院で検診を受ける必要があります。大腸がん検診は、消化器内科や肛門科で行なっています。早期発見できれば内科で治療ができますが、進行していれば今度は外科で手術などを受ける事になります。どのような病気でも早期発見できれば完治させることができるため、健康診断や人間ドック、定期検診などはこまめに受けることが大切なのです。

がんの注意点とは

女性の死亡率が高いがんは、大腸がんだと言われています。その理由ははっきりとわかっていませんが、女性の方が便秘になりやすかったり、また女性ホルモンが変化することが関係していると考えられています。そのため女性ホルモンが減少してくる40代以降の女性は、注意が必要なのです。大腸がんは自覚症状が出にくいため、発見が遅くなってしまうことが多いがんです。また女性の場合、大腸がん検診など恥ずかしいと感じて、なかなか受けにくいと言う原因もあります。しかし大腸がんは、早期に治療すれば完治させることのできるがんです。恥ずかしさよりも、家族など周りの人のことを考えて検診を受ける必要があります。女性医師が担当をしていたり、女性専用外来を導入しているクリニックもあるので、恥ずかしい場合はそのようなクリニックを探してみましょう。